waguang20

瓦体験 「菊間瓦館」


 

JR菊間車站的背面直接就有瓦館。
JR菊間駅のすぐ裏手に瓦館はあります。

waguang23

 

總而言之  好大!  氣派!
とにかく 立派! でかい!

櫻花時節瓦館旁邊的公園內有著的“旋轉滑梯”超級受歡迎。
桜の季節は瓦館隣の公園内にある“回転滑り台”が大人気です。

jujianjie34

製作瓦體驗的製作費是500日元+研修棟使用費一小時200日元/人,超級便宜。
瓦製作体験は製作費500円+研修棟使用料1時間200円/人と格安。

1  :在申請表上記入住所以及名字。
       選擇郵送完成品,還是自己前來取。
       取兌換完成作品的“兌換卷。”

1:申し込みシートに住所氏名等を記入。
  制作した作品を郵送するのか、受け取りに来るのかを選び、
  制作した作品と引き換えできる“引き換え券”を受け取ります。

waguang22

兌換卷 這次選自己前來取      
引換券 今回は自分で受け取りを選択

2  :選擇想要製作的的作品。
       研修棟有著很多可愛的,已經燒好的作品(100多種)
      也可以一邊看選擇的作品一邊做。
      也備有很多的圖案。照著圖案做也OK。

3 :有帶一次性圍裙,手錶還有戒指摘掉會比較好。

4  :製作方法      1)全部自己成形       2)使用模具,細節部分自己處理 的兩種方式。

     我想要一個“鬼瓦”,所以使用模型 (一面模型) 製作然後細節的部分自己成形。
     製作像叮噹貓這樣的圓形的作品時,需要使用“上下可以合在一起的兩面“模具。

 

 

2:作りたい作品を選びます。
  研修棟には焼き上がった可愛い作品がたくさんあります。(100種)
  その作品から選んで見ながら作ってもOK
  図案もたくさん準備してありますので、図案を見ながら作ってもOKです。

3:使い捨てエプロンを着用します。時計や指輪も外しておくとGOOD。

4:作り方は 1)全て自分で成形 2)形は型を使い、細部は自分で成形する二通り。
  私は“鬼瓦”が欲しかったので、型抜き(一面枠)→細部形成を選択。
  ドラえもんなど丸い形の作品を作る時は“上下を合体させる二面枠”を使って作ります。

waguang3

鬼瓦(一面模具),模具旁邊的粉末是“キラ”(kira)
鬼瓦(1面枠)、枠の隣の粉が「キラ」

製作時所使用的粘土是由機械所揉和好的,放置了大約十天。
準備粘土需要適手,並且還需要花費時間。
模具裏放置粘土之前,先把叫做“Kira”的粉末撒進去。
為了成型後,容易把粘土從模型中剝出。

制作に使われる粘土は機械で練られ、約10日間寝かしたもの。
粘土の準備にも手間と時間がかけられています。
枠に粘土を入れる前にまず、「キラ」と呼ばれる粉を型に振りかけます。
成形後、型から粘土をはずしやすくするためです。

waguang8

把粘土放進模具後,把粘土像要黏到模具上一樣按壓。
粘土從模具中溢出,凸出來的話OK,如果不小心掘出來的話就×。
當粘土和模具貼好的時候,把粘土從模具中剝出,

枠に粘土を入れたら、枠に粘土を押し付けるように押します。
粘土が枠から盛り上がり、はみ出ると○。 粘土を掘り出してしまうと×。
枠にぴったりと粘土がくっついたら、枠から粘土をはがします。

waguang10

把模具扣過來,粘土就從模具中剝出。

枠をひっくり返して、粘土を枠からはずします。

waguang6

摘掉模具的樣子,後面的銀灰色的鬼瓦是完成品(樣本)
枠をはずした状態 奥の鬼瓦は完成品(見本)

成型之後,再在細節部分精工一下。
鬼瓦的話,眼睛,鼻子的孔,牙齒的間隙,還要上角。
按自己的喜好來裝飾扣圖也OK。
鬼的話,眼睛是“斜視”的話會更加逼真吧。
孔是由吸管之類的不斷的旋轉,就像切割一樣的感覺切割。

成形が完了したら、細部の細工をします。
鬼瓦の場合は目と鼻の穴、牙と歯の間を切り抜き、角をつけます。
自分で自由に飾りを掘ってもOK。
鬼の場合、目は“寄り目風“にあけると鬼らしく見えるそう。
穴はストローなどをクルクル回して、切る感じであけます。

waguang19

 

 

waguang20

粘土相互黏著的時候,黏著的部分用叉子來劃開
塗上水。如果不這樣,之後就會裂開。
無論是大面積還是小部件都不能忘了這一工序。
手指沾上水來整理形狀以及模樣。

粘土と粘土をくっつける時は、くっつける部分をフォークで掻いて傷をつけ
水を塗ります。これをしないと、後で分解してしまいます。
大きい面も小さいパーツ(部品)もこの作業を忘れない様にします。
指に水をつけながら形や模様を整えていきます。

waguang13

 

waguang16

waguang17

 

waguang4waguang9

完成啦!世界上唯一的作品誕生啦。
這次足足用了兩個小時,但是太快樂了時間一轉眼就過去了。

完成! 世界で一つだけの作品ができました。
今回はタップリ2時間。しかし、楽しみながらの時間だったのであっという間でした。

 

 

瓦在這之後需要5天來烘乾,乾燥之後上塗藥,燒成。
用1000度左右的高溫烤,在爐內約20小時的密閉。
燒成的最終一段會產生含有大量碳化氫的氣體,
瓦在熏化時變成銀灰色
菊間瓦的美“熏銀色”的光澤就是在這個時候生成的。

瓦はこの後、5日間ほど陰干しし、乾燥したら上薬を塗り、焼成します。
1,000℃ほどの高温で焼き上げられ、約20時間窯に密閉。
焼成の最終段階で多量の炭化水素を含むガスを一時的に発生させ、
瓦を燻化させて銀灰色に仕上げます。
菊間瓦の美しい“いぶし銀”の光沢は、この時にできます。

 

菊間瓦有著750年以上的歷史。
據說創始是在平安時代的弘安年間(1278~1286年)
難道不想直接接觸一下日本的很老很老傳統文化麼?

菊間瓦の歴史は750年以上。
創始は、平安時代の弘安年間(1278~1286年)と言われています。
日本の伝統文化に直接触れてみませんか?

waguang21

 

參觀鬼師工房等等從別的角度看菊間的報告   →    在這裏  (濱風海道50km中心點   菊間)
韓國,中國,越南留學生所體驗的瓦體驗記     →     在這裏(英語,中文,韓國語,越南語)

鬼師工房訪問など別の角度から見た菊間のレポートは → こちら(浜風海道50K中心点 菊間)
韓国中国ベトナム人留学生が体験した瓦体験記は → こちら(英語、中国語、韓国語、ベトナム語での紹介)

 

IMG_0975

 


評論


產品名:

瓦体験 「菊間瓦館」

這個自由行
可以添加的服務:

  • 包車
  • 火車(專車)・船等各種各樣預定
  • 導遊
  • 口譯