jujianjie18

菊間祭


 英勇華麗  在神社參道上一起奔騰的祭典  菊間祭
勇壮華麗 神社参道を一気に駆け抜ける!菊間祭

   早上八點  穿上整裝的馬被按上馬鞍,披上有著多彩花樣的被子.穿著長襯衣,掛著束衣袖帶子姿態的15歲左右的少年們,來到了加茂神社.今年總共有13頭馬在大約300米的參道上一起奔跑.參道就是神社的入口=從“鳥居“到神社之間的道.在節日的時候會特別的擺放竹柵欄.

”鳥居“是神社的象徵,神社入口建的一種門.是用來表示神的聖地以及凡人之間的一種形式.鳥居是由兩根柱子和柱子上被叫做”笠木”(kasagi)以及水平下面被叫做“貫”(nuki)的兩根橫著擺放的木頭的形狀.和中文裡“開門的”開””非常相似.據說日本有著8萬以上的神社,每一個神社的鳥居扎一看都是一樣的,可是仔細觀察一下就會發現,有著不同顏色不同種類的鳥居.

 

 朝8時 正装した馬に鞍が置かれ、その上に友禅(ゆうぜん)模様のふとん。その馬に長襦袢(ながじゅばん)を着て、たすき掛けをした15歳までの少年が加茂神社に集まります。今年は13頭の馬が約300mの参道を一気に駆け抜けます。参道とは、神社の入り口=「鳥居」(とりい)から神社までの道。お祭り時には特別に竹の柵が設置されます。

 鳥居(とりい)は神社の象徴であり、神社の入口に建つ一種の門。神の聖域と人間界との境界を示すもの。鳥居は、二本の柱と柱の上に「笠木(かさぎ)」、その下に水平に通された「貫(ぬき)」という横木が二本の形。中国語の开门的开の字の形に似ています。日本には8万以上の神社があると言われており、どの鳥居も一見したところ同じように見えますが、良く見ると色々な種類があります。

jujianjie25  jujianjie27

jujianjie28

jujianjie16

jujianjie2

即便下雨也不能阻擋,他們威猛的身姿,一年只有一次的可以展現的機會.
馬也是在一年的訓練當中只有這一天可以參加並表現出來.
幾乎3個小時,不斷的來回奔跑.

 

雨にも負けずに猛威を振るう。一年に一度の晴れ舞台。
馬もこの日一日、お祭りだけのために1年間調教されて参加しています。
ほぼ3時間、走り込みは何度も繰り返されます。

jujianjie1

jujianjie19

 菊間是四國愛媛縣今治市的一個下屬城市,位於濱風海道(今治市的島波海道- 松山市的道後溫泉的50km中心的位置).自古以來作為”菊間瓦”的生產地享有非常高的知名度,近年來,在日本綜藝電視節目 「The!鐵腕!dash!! 」裡就經常被提到,在日本被稱之為’被隱藏的明所 ‘,很有知名度的景點.
 這個祭典所舉行的加茂神社是在1087年,宮中(天皇所居住的宮殿的)競馬活動 從宮中移至此地(菊間)時,為了保護此地,而迎接神明降臨於此,在此建立加茂神社並供奉神明.

 

 菊間は四国愛媛県今治市内の町で、浜風海道(しまなみ海道(今治市)-道後温泉(松山市)50kmの中心点に位置する町。古くから“菊間瓦”の生産地としての知名度が高く、近年は日本テレビ系バラエティ番組「ザ!鉄腕!DASH!!」に度々登場している事から日本では“隠れた名所”として有名なスポット。
 このお祭りが行われる加茂神社は1087年宮中競馬(天皇が住む宮殿競馬)を移管する(他に移す)際、菊間の地を保護するために神仏の来臨を願い、神仏をこの地に祭って建てられたと言われている神社。

jujian44 宮中競馬是從540年欽明天皇時,開始為祭典前的祭前儀式.此儀式原本在宮中舉行而1093年堀川天皇時移至京都上賀茂神社舉行,那時國內共有20座莊園(有權勢的貴族或寺院所擁有的田地)都上奉給京都上茂賀神社.而菊間的賀茂神社為其中之一.另外當時的祭典為現在京都三大祭典的先驅—葵祭.換句話說,此處的加茂神社,就是為準備當時葵祭競馬儀式費用的莊園之一.也就是說,加茂神社是現在的京都三大祭典的先驅的日本祭典=為了供應“葵祭典”的競馬所需的經費而被選定的莊園之中的一個。

 

 宮中競馬は、“祭り”の前の儀式として540年欽明天皇朝(きんめいてんのうちょう)時に始まり、1093年堀川天皇朝時に宮中内での儀式を京都 上賀茂神社に移行して行われるようになった。その時、日本国内二十箇所の荘園(有力な貴族や寺院が持つ田畑)が京都上賀茂神社に奉納(ほうのう)され、その二十箇所の一つがここ菊間の加茂神社。すなわち、加茂神社は現代の京都三大祭りの先駆けであった日本の祭り=「葵祭り」の競馬の費用をまかなうために選定された荘園の一つ。

jujian48 jujian47

   奔跑,節日名為“供馬”(otomouma),這其中的神馬以及騎手是這個祭典當中最重要的環祭,向“旅所”(otabisho)敬獻,祭神儀式結束後在解散就被稱之為供馬。
   旅所:神社祭奠的神,(一般是指祭祀時停放神與(mikoshi 神牌位的轎子)的地方)在巡幸的途中休息的地方,為了讓神在此處休息,祭獻物品,嚴謹的置辦祭典的地方。菊間祭還會展有巫女的舞蹈。

 

 走り込み、祭りの名前は「お供馬」(おともうま)と言い、 その神馬、騎手は祭りの一番重要な祭事行列に加わり、お旅所へお供し、神事後解散するのでお供馬と言われています。
 お旅所(おたびしょ)とは、神社の祭礼において神(一般には神体を乗せた神輿(みこし))が巡幸の途中で休憩する場所で、そこで神さまも休んでもらい、お供え物を供えて丁重にお祭りを行う場所。菊間祭りでは巫女さんの舞も披露されます。

jujianjie27

jujianjie32

jujianjie30

菊間祭的真正樂趣可不光只有供馬的奔跑。
供有神牌位的轎子,牛鬼(ushioni),舞獅(tugishishi),花車,有著各種各樣目不暇接的儀式。

 

お供馬の走り込みだけでないのが菊間祭りの醍醐味。
お神輿、牛鬼(うしおに)、継ぎ獅子(つぎしし)、だんじりなど、絢爛豪華な祭り行事が次から次へとやってきます。

jujianjie13

舞獅子的成員  表演之前先參拜神社
継ぎ獅子メンバー 舞う前に神社をお参り

 

    今治的傳統藝術“舞獅”(tugishishi)是人站在人身上表演獅子的頭,在全日本的舞獅中,也罕有一見這種很有特徵的舞法。小孩在也參加,舞的是祈禱天下太平,五穀豐登。

 今治の伝統芸能「継ぎ獅子」(つぎしし)は人の上に人が立って獅子頭をかぶり、獅子を舞う全国的にも例を見ない特徴のある獅子舞。小さな子どもも舞に参加し、天下泰平、五穀豊穣を祈って舞います。
jujianjie14

jujianjie31

jujianjie3

神與(神牌位的轎子)  以及  牛鬼
みこし と 牛鬼
jujianjie4jujianjie5

jujianjie21

   牛鬼(ushioni)深長八米,寬為兩米有餘,脖子可伸縮可達將近四米,在參道上一邊伸脖子,一邊縮脖子的行走。牛鬼在愛媛縣的南予地區是非常有名的消除災厄,去除疾病的職責,但是為甚麼會分布在相距很遠的菊間的文化之中呢。南予宇和島的牛鬼是鬼面獸身,但是菊間的牛鬼有牛的臉是其特徵。

   牛鬼(うしおに)は長さは八m 幅二m余り。首は伸縮し長さ四m近くになります。参道を練り歩きながら首を伸ばしたり縮めたり。牛鬼は愛媛県南予地方では有名な厄払い、疫病払いの役割を担っていますが、なぜか遠く離れた菊間の文化に分布。 南予宇和島の牛鬼は鬼面獣身ですが、菊間の牛鬼は牛面なのが特徴です。

jujianjie26jujianjie29 

jujianjie17

喜歡馬,喜歡賽馬,要不要來拍攝一年只有一次的傳統祭典呢?

 馬好き、競馬好きの方 一年に一度の伝統祭りを撮影にいらっしゃいませんか?

 


評論


產品名:

菊間祭

這個自由行
可以添加的服務:

  • 包車
  • 火車(專車)・船等各種各樣預定
  • 導遊
  • 口譯